看護師の転職

転職したばかりだけど辞めたい…転職前に考えたい対処法と理由別のアドバイス

心機一転、転職したはずなのに、すでに辞めたいと思ってしまうのは本当に残念ですよね。そんな不本意な結果にならないためにはどうしたら良いのでしょうか。実際に私も2度転職を経験していますが、1度目の転職は働き始めた直後から辞めたいと思いながら働いていました。

実際に働いてみないとわからない部分もあるのは当然ですが、ここでは転職に失敗しないために、転職前に考えたい対処法と転職後に辞めたいと思ってしまう理由別のアドバイスをまとめてみたいと思います。

転職したばかりなのに辞めたいと思ってしまう理由は?

転職したばかりなのに辞めたいと思ってしまう理由には、ある程度の共通点があると私は思います。思いつく限り紹介してみますね。

1、人間関係

転職すると人間関係も新たに構築しなければなりませんよね。転職者を快く受け入れる職場が大半ではありますが、中には転職者を毛嫌いする職場もあります。働いているうちにどんな人間関係なのか知る事ができると思いますが、どうしても自分と合わない…と感じてしまう人間関係の職場もあります。

特に働くスタッフが少ない職場は、リーダー格のスタッフを筆頭にグループ化しているケースが多く、そのグループに溶け込めないと仕事を続ける事が苦痛に感じてしまう場合もあります。また、スタッフが多い職場ではグループが複数あり、よくわからないまま対立に巻き込まれるケースもあるので要注意です。

他にも上司との考えと合わない、職場の雰囲気に溶け込めないなど、人間関係によるストレスや疲れが原因で仕事を続けられない、辞めたいと思ってしまう人は意外と多いみたいですね。

2、体力的・精神的問題

転職する前にある程度の業務について調べたり、説明を受けるかと思いますが、実際に働き始めて知る事もたくさんありますよね。私を例に挙げると、初めて転職した時に面接では「他の看護師が近くにいるので、いつでもサポートできる状況で働ける」と言われていました。

ですが実際働いてみると、慢性的な看護師不足から酷い時は外来担当の看護師が1日通して私1人しかいないという状況も多々あり、他の看護師もいるにはいますが、検査介助で不在なんて事もよくあり、慣れるまでは不安なまま仕事をする事も良くありました。

1人で外来業務をこなさなければならないという精神的プレッシャーと、毎日多忙を極める業務によって体力的にも辛かった記憶があります。他には、転職前に想像していたよりも介護量が多く体力的に負担となるケースもあるみたいですね。

3、募集要項と異なる業務内容(ギャップ)

上記でも少し触れましたが、転職時に見た採用情報の中には書かれていない業務がたくさんあります。多少の事は受け入れられても、あまりにもかけ離れた業務内容だと働き続けるのが嫌になる気持ちもわかります。

看護学生時代の友人に会った時に「転職したらカーペットまで看護師が洗わなければならない職場だった」と笑っていたのを思い出します。

4、金銭的な問題

残業代が出ない、出ると聞いていたボーナスが出ない、昇給がないなど、働いてみないとわからないのが金銭的問題です。最初は出ると聞いていても経営不振から出なくなる事も考えられますし、デリケートな問題のため上司にも確認しにくい問題と言えます。

5、働くスタッフのレベル

転職するまでわからないのが、すでに働いている看護師のレベルです。疾患に対する知識はもちろん、医療行為も日々進化しているのに対して、いつまでも古い手技や物品を使用しているところもあります

コスト的な問題もあると思いますが、例を挙げると、輪ゴムを集めて再利用している看護師やディスポ製品も滅菌をかけて再利用しようとしている看護師、さらには清潔不潔の区別もついていない状態で働いている人もいます。状況によっては良い面もあるかも知れませんが、初めて見た時は衝撃でした。

転職前に考えておくべきポイントと理由別アドバイス

転職するにあたり、転職しなければわからない事も当然あるかと思いますが、転職前にある程度覚悟ができていると違う事もあるかも知れません。そこで、転職前に考えておくべきポイントやアドバイスを前述した理由に関連付けて紹介します。

〇人間関係

人間関係を転職前に見極めるのは、不可能に等しいかも知れません。ですが、医療業界は仕事ができてなんぼの世界なので、ある程度の仕事ができれば信頼して頼ってくれるスタッフも増えますし、それに伴って人間関係も構築されていくのではないかと思います。

〇体力的・精神的問題

体力的・精神的に不安がある場合は、働く前に確認をすると良いと思います。どれくらいの介護量か、受け持ち患者はどれくらいかなど長く勤めたいという意志を表しながら具体的な質問をしてみるのは良い事です。それでも不安な場合は、元々働いていた職場で腰痛を発症したなどという事も正直に伝えておく方法もあります。

〇業務内容

業務内容に関しては、看護師の日々の担当や役割によっても異なりますよね。ざっくりでもどんな仕事をしているのか確認するのはもちろん、転職前に職場を見学ができるところもありますので、その機会を利用する方法もあります。職場によっては現在働いている看護師のタイムスケジュールを教えてくれるケースもあります。

〇金銭問題

金銭的な問題に関しては、働いてからだと直接確認しにくいデリケートな問題になると思います。そのため、転職前にしっかり把握しておく必要があります。月々の給与だけでなく、残業代の有無(時間制限はあるのかなど)、ボーナスの有無、昇給の有無などですね。

ちなみに以前私が働いていたクリニックは、業績が良い年はパート看護師にもボーナスが支給されると募集要項に書いてあり、実際に働いていた時に「今期は職員全員にボーナスが出る」との通達があり、みんなで喜んでいましたが、実際にパート看護師が受け取っていたのはお餅代と書かれた封筒に入った現金1万円でした。貰えるだけありがたいと喜ぶべきなのか…って感じですよね(笑)

〇働くスタッフのレベル

働く看護師のレベルについては、上司を見ればわかるケースが多いかと思います。また、院内研修が多いかどうかもチェックしておきましょう。院内研修が多すぎると面倒に感じる事もありますが、そこで働く職員のスキルアップに繋がりますし、共通意識を持つ事にも繋がるため決して無駄ではないのです。

転職前に確認したくても自分ではできない場合は…?

転職前に色々知りたくても、自分で直接連絡して質問するのはちょっと気が引ける…という人は多いと思います。実際に私も転職前に確認したい事がありましたが、自分では聞けず困った事があります。

そんな時は看護師転職サイトを活用してみましょう!看護師転職サイトに登録をすると、担当のコンサルタントがあなたの代わりに転職を検討中の病院(施設)へ質問して確認を取ってくれます

もちろんあなたの名前は出さないので、面接などで不利になる事もありません。登録してしまったら必ず転職サイトを使って転職しなければならない訳ではないので、うまく転職サイトを活用する方法もある事を知っておいて下さいね^^

-看護師の転職

Copyright© My BLOG , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.