看護師の転職

看護師は転職が当たり前!?現状に我慢するくらいなら転職しよう!

あなたは今の職場に満足していますか?医療現場に限った事ではありませんが、医療の現場は人の命を預かるという緊張感や、体力的・精神的疲労などによるストレスがかかりやすい環境にあると言えます。

さらに職場環境が悪いとなると、身体を休めるどころか疲れやストレスを溜めこむ事になってしまう原因にもなり兼ねません。そんな職場で働き続けるメリットはありますか?そこでここでは、医療現場で働く看護師の転職についてまとめてみたいと思います。

今の職場で満足していますか?

「今の職場で満足していますか?」と質問されると、どう答えたら良いのか正直困ってしまう人が多いのではないかと思います。私も現役で看護師として働いていますが、正直に言ってしまうと自分の働きやすい職場が見つかるまで2回の転職を経験しました。

転職の回数で言うと、少ない方かも知れません。そこで私の経験を踏まえて、満足して働くためのポイントをまとめてみたいと思います。

〇待遇

自分が働く職場を選ぶ際に、1番のポイントとなるのが「待遇」だと思います。休日はしっかりしているのか、業務内容に見合った給与なのか、(転職の場合)経験を考慮・配慮してくれるか、残業はあるのか・ある場合は手当などの詳細、福利厚生の有無など好待遇を探すとキリがないかも知れません。

ですが私の経験上、待遇を妥協するとのちのち仕事に対するモチベーションにも関わってくるので、妥協せずに働く前にしっかり調べて知っておくべきポイントと言えます。

〇職場の人間関係

看護師が働く職場は、まだまだ女性が多い職場です。女性が多いとメリットもたくさんありますが、デメリットもたくさんあります。どこの職場にも言えますが、ボスキャラ的存在の看護師がいると色々面倒な事に巻き込まれ兼ねません。

人間関係は働いてみないとわからないものですが、転職先を探す上でスタッフの入れ替えが激しい職場は人間関係によるケースも考えられるため注意するようにしましょう。

〇スキルアップ

看護師として働いている以上、日々進歩する医療についての知識は身に付けていかなければなりません。新しい医療知識や技術を積極的に取り入れていく病院もあれば、時代に逆らい昔から変わらず同じ事を続けている病院もあります。

これからも続いていく経験を考えると、少しでも自分の経験や知識に繋がる事をしている職場で働く方が自分の将来のためになると思います。

〇ライフスタイル

女性は結婚、出産、育児などでライフスタイルが変化しやすいですよね。そのライフスタイルの変化に職場も対応してくれれば良いのですが、慢性的な看護師不足によって雇用条件が変わらない職場も多いと言います。

状況が変わっても同じように働ける人もいれば、雇用条件を変更しなければ働き続ける事が厳しい人もいます。また、小さい子供がいる場合は子供の体調不良などで急な休みを取らなければならないケースも多く、自身の置かれた状況に応じて職場も対応してくれるのが望ましいですが、なかなか難しいようです。

今の職場で満足して働いている看護師は意外と少ないと聞きます。では、今の職場環境に満足できない場合はどうしたらいいのでしょうか。

看護師の転職は珍しくない!

看護師として働いていると、意外と中途採用が多いと思いませんか?看護師は引く手あまたの職業なので、資格さえ持っていればどこでも働く事ができますよね。家族の都合による転職もそれなりに多いですが、自己都合による転職も意外と多いんです。

転職する理由は人によってそれぞれですが、自分を変えたい時や環境を変えたい時に職場を変えている人が多いのではないかと思います。社会の価値観は環境によっても変化しますし、マンネリ化している状況を一新したいために転職という道を選ぶ人もいます。

看護師という資格は一生ものですが、転職する職場によっては年齢制限がかかる職場もありますので、自分が満足できる職場で働くためには決断は早い方が良いと言えます。看護師の求人情報を見てみても、「40歳以下」や「45歳未満」などと書かれている求人が多い印象を受けました。

一緒に働く40代の看護師に聞いてみたところ、「40代になると転職に対して一気に腰が重くなる」と話していました。育児や親の介護など自分の取り巻く環境の中で転職するとなると人間関係の構築や、また一から仕事を覚えなければならないなど、新しい環境に適応できるのかという不安もあるようです。

そのため、今の職場や現状に満足できないと感じている場合は、【早めに見切りをつける】ようにしましょう。転職は最もリスクの低いチャレンジと言えますし、環境を一気に変える事ができます。

実際に私も勢いで転職したのでせっかくですから簡単に私の経歴を紹介しますが、スルーして結構です(笑)私は看護師資格取得後、自分の経験のため複数の診療科を持ち系列もある大きめの病院に就職しました。

急性期病棟や夜間救急、オペ室や慢性期病棟などを経験し10年近く働きましたが、ライフスタイルの変化のため、外来への異動を希望しましたが全く通らず、思い切って外来のみのクリニックへ転職しました。

転職前の病院と比較すると、日勤のみの勤務で夜勤もしないため収入は少なくなりましたが、自分の希望通りの勤務時間で固定休でしたし、毎日たくさんの患者と関わるのも新鮮で毎日の仕事が楽しいと感じていました。ですが、大きい病院と比較するとクリニックで働くスタッフの数は少ないため、お互い様ではありますがスタッフの急な休みは直接的に負担となりますし、人間関係も難しいと感じていました。

そんな時に同じクリニックでも診療科が異なるだけで、休みや収入面でさらに良い条件の求人を見つけ、条件が良いとなるとすぐに埋まってしまうと思い、思い切って面接に行ってみる事にしました。

それが今も働いているクリニックです。院長夫婦と医療事務スタッフも入れて10人の小さいクリニックですが、スタッフの年齢層も私とほぼ変わらないですし、生活環境も似たスタッフが多いため急な休みでも理解が得られやすい環境なのが嬉しいです。待遇も申し分ないですし、できる事ならこれからも働き続けたいと思っています。

私は2度の転職で自分の理想の職場に巡り合えましたが、中には何度転職しても様々な理由から満足できない人もいるでしょう。ですが、我慢して働き続けるよりは少しでも理想に近い職場を探す方が自分のためになると思います。

自分の5~10年後を想像してみよう!

今の職場で働く5~10年後の自分を想像してみましょう。毎日楽しそうに仕事をしていますか?それとも退屈そうに働いているでしょうか。体力的・精神的に疲れていませんか?成長も働きがいもなく、毎日ダラダラ働いていませんか?

20代と同じ事を40~50代でやろうとすると、できなくはないですが、色々無理が出てくるのは仕方ない事です。「若い頃に色々経験しておくと、年を取った時に楽できるよ」と先輩看護師は言っていましたが、環境が変わるとそうも言ってられませんよね。

看護師の転職は珍しい事ではないので、自分が5~10年後満足して働けているかを想像して、満足して働ける自信がない場合は、年齢を重ねても満足して働く事ができる転職先を探してみるのも良いのではないかと私は思います。

-看護師の転職
-

Copyright© My BLOG , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.