看護師の転職

出産後転職して初めてわかった!ライフスタイルに合わせて転職できる看護師の魅力

看護師に関わった事ではありませんが、女性はどうしてもライフスタイルの変化によって仕事内容や勤務形態を自分や家族の生活に合わせるタイミングが出てくると思います。実際に私も結婚を機に夜勤もしていたフル勤務から日勤のみの社員として働き、妊娠・出産の休職、転職期間を経て今はパート看護師として現役で働いています。

そこでここでは、転職先に困らない看護師の魅力や、私のようにライフスタイルに合わせて転職する看護師はいるのか、転職する場合のメリットとデメリットなどについてまとめていきたいと思います。

転職に困らない!?看護師の魅力

看護師の基本の仕事内容は医師の診察の補助です。ですが実際は、病院のみに留まらず老人保健施設や一般企業など、幅広い場所で看護師は活躍しています。看護師の資格は国家資格なので、1度取得するとその資格は一生ものです。一般的に言われる「手に職」というやつですね。

そのため、自分のライフスタイルが変化したからと言って看護師自体を辞める必要はなく、自分のライフスタイルに合わせて勤務形態を変更するか、自分の希望に沿った職場探しをする看護師が多い傾向にあります。

では、一般的な看護師の勤務形態について簡単に紹介していきたいと思います。

  • 夜勤+日勤のフル勤務
  • 日勤のみのフル勤務
  • 決められた時間内の正社員またはパート勤務

出産後は仕事と育児を両立していかなければならず、自分が仕事をしている間は子供を保育園(または託児所)に預けて仕事をしなければなりませんよね。預け先がすぐに見つかる場合は良いですが、預け先が見つからず働きたいのに働けない状況の看護師も少なくありません。

職場によっては保育園(または託児所)を併設しているところもありますが、利用できる子供の年齢に制限があったり、すでに定員となっている場合もあるので、転職先を探す場合は時期や空き状況などの点もチェックしておくべきと言えるでしょう。

手取りの給与を優先したい、子供との時間を優先したい、負担にならない程度に働きたいなど人によって希望も様々ですが、看護師は引く手あまたの職業なので探せば条件に見合う職場は必ず見つかるはずです^^

ライフスタイルの変化に合わせて転職する看護師はどれくらいいるのか?

実際に私も妊娠・出産を経験するまでわかりませんでしたが、まず妊娠すると基本的に夜勤ができなくなります。これは働く職場や仕事内容にも左右されますが、母体の健康や胎児の成長を考えると日勤のみの勤務が良いとしている職場が多いからです。

いつ夜勤から外れるのかのタイミングは、妊娠がわかり上司に報告をした時点ですぐに外れる場合もあれば、看護師不足などの理由からすでに決まっている夜勤はこなし、次のシフトから夜勤が無くなるケースもあるので、一概にはいつと言い切れないのが現状です。

また産後の職場復帰に関しては、職場(上司)の理解にもよりますが、同じ部署に戻る場合とそうでない場合があります。育児をしながら出産前と同じ働きができる場合は良いですが、そうでない場合はやむを得ず転職を考えるケースもありますよね。

参考までに私の場合は、妊娠を上司に報告した時点で「次のシフトから日勤のみで」と言われたため、残り3回の夜勤は普段通り勤務しました。そして、育休も表向きは1年取れる職場ではありましたが、看護師不足から「1年もあげられない」と言われ、自分の子供との時間もしっかり欲しかった私は思い切って転職を決めたという流れになります。

転職した病院は夜勤や祝日勤務がない日勤のみのクリニックで、他のスタッフも私と同じように子育てをしながら働いている人が多く、子供の発熱などによる急な休みも「お互い様だよ」と言って貰えるとても良い環境です。確かに他のスタッフが急に休むと自分の仕事が増えるので大変になりますが、お互い様と思うだけで気持ちも楽です。

転職先を探す上で、休日や給与など様々な希望があるかと思いますが、私は職場環境も大切だと思うので、好条件ばかりに惑わされず妥協もしなくて済むような職場が見つかるまで根気強く探すようにしましょう。

私のように、子育てと両立しながら働く看護師はたくさんいると思いますが、今の職場環境に満足して働いている看護師は具体的な数値は出ていないものの思ったほどいないと思います。

ライフスタイルに合わせて看護師が転職する場合のメリットとデメリット

自分のライフスタイル(特に産後)に合わせて看護師が転職すると、どんなメリットやデメリットがあるのか、実際に私も転職を経験していますのでメリットとデメリットに分けて考えてみます。

産後に転職するメリット

  • 自分の希望に沿った雇用条件で働ける
  • 育児をしながら働くという理解を得られやすい
  • 急な休みも取りやすく、シフトの自由度も高い
  • 心機一転

産後に転職するデメリット

  • 新しい職場環境に慣れるまで大変
  • 求人を探す、面接をするなどの手間と時間が必要
  • 保育園探しと並行しての職場探しはもっと大変
  • 一から人間関係も構築していかなければならない

メリットがあればデメリットがあるのは当然です。産後の状況変化にも柔軟に対応してくれる職場であれば、産後も同じ職場に戻る選択肢もあるかと思いますが、看護師と言う専門職は働き方によっては代わりがいなかったり、周囲から頼りにされる事が多いので、なかなか自分の希望を言い出せない事も考えられます。

周囲の協力が得られる場合は良いですが、育児をしながらどんな風に働きたいか明確なビジョンがある場合は我慢して元の職場で働くよりも思い切って転職する方が私は得策だと思います。

転職すると環境に慣れるまで大変なのは当たり前ですが、慣れてしまえば自分らしく働く事ができると思いますよ♪

-看護師の転職
-

Copyright© My BLOG , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.