看護師の転職

看護師に向いてない?辞めたいと思った時に考えること

看護師として働いていると誰でも1度は「自分は看護師に向いているのか」と、自問自答する時期があるはずです。この不安を自己解決できればいいのですが、向いていないと感じてしまった理由や状況によっては今働いている職場を辞める選択だけでなく、看護師自体を辞めたいと思ってしまうケースも少なくありません。

そこでここでは、看護師に向いていないと思う時はどんな時なのか、看護師に向いていない人の特徴と辞めたいと思った時に考える事についてまとめていきます。

看護師に向いていない人の特徴は?

看護師のような専門性の高い仕事は、どうしても向き・不向きが出てしまいます。私も看護師として働いていますが、今まで何度も自分は看護師に向いていないと思い、色々考える事がありました。ですが、なんだかんだ今も看護師と働いています。

看護師としてある程度働いていると、看護師に向いていない人には共通点があるように見えてきたので、いくつか理由と併せてまとめてみますね。

○人間に関心がない

看護師は人と接する事が多い職業です。人に対して関心がなければ、ちょっとした変化に気付かず毎日の観察が疎かになる可能性があります。

○自己管理能力が低い

看護師に限らず社会人なら遅刻をしない事や体調管理はできて当たり前ですが、それができない人もいます。例を挙げると、太っている看護師に「痩せましょう」と言われても説得力に欠け、素直に聞き入れられないですよね。

○責任感やプレッシャーに弱い

看護師として仕事をする以上、責任感やプレッシャーは常に隣り合わせの事が多いですよね。経験を積む事で少しずつ責任感が養われたり、プレッシャーにも打ち勝てるようになるものですが、それがどうしても負担になってしまう人もいます。

○協調性がない

看護師という仕事は、他のスタッフとの連携によって成り立ちます。チームワークを乱すような協調性に欠ける人の場合は、職場に溶け込めないだけでなく、いざという時のミスにも繋がるリスクを高めてしまいます。

○積極性や向上心がない

医療は日々進歩していて、処置の方法や手技も都度変わるものです。患者さんのためになる事はどんどん取り入れていくためには、まず自分が学んで習得する必要がありますが、今まで通りのやり方に執着したり、新しい事を取り入れようとしない人も中にはいます。

○思いやりがない

一般的に看護師は「優しい」「白衣の天使」というイメージが定着していますよね。ですが、看護師の中には毎日の業務を流れ作業のようにこなす人もいます。性格的な問題もあるかも知れませんが、患者さんのどんな小さな変化にも気付き、援助する事は看護師にとっては必要不可欠と言えるでしょう。

○血液が無理、宗教的に無理

看護師だからと言って、全員が血液を克服しているとは限りません。中には採血すら苦手とする看護師もいるようです。ある程度経験を積むと慣れると言われていますが、どうしても血液が苦手という人もいます。

また、宗教的な問題で「採血はできるが輸血はできない」というような縛りがあるケースもあります。このような場合は、業務に支障をきたす可能性や他のスタッフの負担を増やす事にもなり兼ねないので、同僚の理解を得たり仕事内容への配慮をして貰う必要も出てきます。

いかがでしたか?他にも看護師に向いていない人の特徴はあるかも知れませんが、私が思う特徴を全てまとめてみました。では次に、看護師に向いていないと思った時や辞めたいと思った時に考える事についてまとめてみます。

看護師に向いてないと思った時、辞めたいと思った時に考えること

自分が看護師に向いていないと思う時はどんな時でしょうか。私が実際に思った事を以下にまとめてみます。

  • 自分の看護に自信が持てない
  • 職場に雰囲気に溶け込めない
  • 決められた業務を決められた時間内に終わらせる事ができない
  • 看護師の仕事に誇りを持てない
  • 看護師の仕事をやりがいに感じられない、楽しくない
  • 医療行為が苦手
  • 緊張感やプレッシャーに耐えられない
  • 人の死に関わるのが怖い

思い返すと前述した他にも色々自問自答した事があり、看護師を辞めたいと思った事も何度もあります。それでも看護師という資格を取得してから10年以上経過した今でも看護師として働いているのは、たくさんの人に支えられている事がわかったからです。

確かに看護師には向き・不向きがあると思います。他人から「看護師に向いてないんじゃない?」と言われた経験がある人も中にはいるかも知れません。ですが、100%看護師に向いていない人はいません。

自分の努力次第でどうにでもなるという事です。苦手分野がある場合は、苦手分野を克服する努力をしてみる価値はあると思いますし、自分のマイナス面を自分自身で見つめ直す事も大切な事です。

私は自分が看護師に向いていないと思い悩んだ時に、相談に乗ってくれた先輩看護師が「看護師だって息抜きは大事。まずオンオフを切り替えるようにしてみたら?」「看護師の仕事を自分なりに楽しむくらいの気持ちで仕事してみるとか」とアドバイスしてくれました。

また、看護師を辞めたとして資格なしで働くと考えた場合、看護師として働いた方が大変さはあっても給料や待遇の面では看護師よりも良い条件の職場を探す方が大変な事が多い気もしました。

看護師は一般の人が思っている以上に過酷な現場で働いていますし、とても技術だけでは成り立たない厳しい世界です。辛くて辞めたいと思う事も多いと思いますが、客観的に自分を見つけて、自分にとって最善の結論を出すまで頑張ってみるのはどうでしょうか^^

-看護師の転職
-,

Copyright© My BLOG , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.