看護師の仕事

憧れの看護師の仕事!現場のリアルと今後のニーズを教えます

看護師は憧れの仕事で、子供がなりたい職業にも上位になっている職業です。

憧れだった看護師の職業に就いた方で、「思っていたのと違う」「こんなに忙しいの」と感じる人も多いと思います。わたしも新人の頃は、夢と現実の違いの差が大きくて、戸惑いを感じたことがあります。

看護師5年目の私が現場のリアルと今後のニーズについてお話ししたいと思います。

(1)現場のリアル

ドラマなどでは看護師は、患者さんとじっくりお話ししたり、患者さんが亡くなった時に、大泣きをしている、のんびりスタッフ同士で談笑しているシーンなどありますが、実際のところ看護師の業務は多忙で、特に病棟勤務は入院処理、退院処理、薬の処理、診察介助、看護記録、サマリーなどなど、様々な業務があり、のんびりゆっくりしていられません。

そのため、看護師は病棟内を走れないので早歩きで行動しています。

また看護師が患者さんが亡くなった時大泣きしていたら、家族さんは困りますよね。一番泣きたいのは家族さんです。看護師は家族さんのケアが必要になりますし、最後のお見送りするまで泣かずにしっかり仕事をしていきます。

私は仲の良い患者さんが亡くなったら、その場では泣くのは抑えて仕事終わりの帰り道泣いて帰っていました。

ここまで書くと、看護師の仕事は辛いと思われると思います。確かに看護師の仕事は辛いです。しかし、自分の看護で回復していく患者さんがいたり、患者さんから「ありがとう」と言ってくれたり、先輩から仕事のことで褒められたり、後輩が成長してくれている姿を見るととてもやりがいを感じて看護師をしていて良かったと感じます。

辛いことはたくさんあるけれど、楽しくてやめられないのが看護師の仕事です。

(2)今後のニーズ

超高齢化社会の日本は、高齢者が増え続けています。医療、介護の需要性は高まり、看護師の仕事は途絶えることはありません。

需要は高まっていますが、やはり看護師の仕事は辞めてしまう方も多くて、人手不足でどこの病院、施設など看護師の募集をしています。看護師の仕事は一定の収入が見込めますし、今後も必要性が高くなる職業ですので、大変ですがとてもオススメの職業だと思いますよ。

どこの職場がいいのかわからない、希望の職場は実際のところ人間関係はどんなんだろうと不安になる方は多いと思います。やはり、辛い仕事の上に人間関係がしんどいと辞めてしまう方はとても多いです。

長く勤めていくためにも転職サイトに登録して転職活動、就職活動をするのをお勧めします

でも、学生さんで学校に就職支援課などあるようならそこで相談してくださいね。

就職支援課などがない方は自分でハローワークに通わないといけませんが、転職サイトに登録すれば、電話などで担当の方とお話をして希望条件を伝えると、希望の職場を斡旋してくれます。

私も実際に転職サイトを利用しました。希望通りの職場に就職できて、定年までその職場で勤め上げようと思っているくらい働きやすい職場に就職することができました。

まとめ

いかがでしたか?看護師の仕事は大変ですが、やりがいは十分にある職業です。看護師のニーズは年々高まっている中で、大変な仕事で退職される方も多く、看護師は人手不足になっています。長く勤めあげるためにも自分にあった職場を見つけることが大切です。転職サイトに登録し、自分にあった職場をみつけてくれるのでとてもおススメです。

-看護師の仕事

Copyright© My BLOG , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.