看護師の転職

看護師のキャリアアップ!ワンランク上の看護を目指すなら

勉強熱心な看護師さんならキャリアアップは必ず考えますよね。ワンランク上の看護を目指すためには資格取得が大きなカギとなります。実際にどのような資格があるのか紹介していきたいと思います。

1.認定看護師・専門看護師

キャリアップのためにとりたい資格でお勧めするのが認定看護師・専門看護師です。いずれも平たんな道ではありませんが看護師としての可能性を大きく広げてくれる資格と言えます。

(1)認定看護師

看護師免許取得後、実務研修が通年5年以上あることが受験資格になっています。その後認定看護師教育機関を終了し、認定審査に合格すると認定看護師になることができます。分野としては救急看護、皮膚・排せつケア、緩和ケアなど21分野にわたります。職場の先輩は緩和ケアの資格をもっていて、何かあればすぐに相談に乗ってくれて本当に心強い存在でした。

(2)専門看護師

看護系大学修士課程修了者で専門看護師教育課程基準を一定以上修得していること、看護師免許取得後、実務研修が通年5年以上あることが受験資格になっています。その後、認定審査に合格したら専門看護師になることができます。13の専門分野があり、がん看護、精神看護、地域看護などがあり、様々な職場で働くことができます。

2.ケアマネージャー

介護サービス等を総合的にコーディネートできるのがケアマネージャーです。受験資格は実務経験が5年以上または900日以上の経験があることです試験は看護支援専門実務研修受講試験に合格し、87時間以上の実務研修の終了で合格することができます。地域包括支援センターや福祉施設など支援に必要な高齢者や障碍者に最適なプランを作成し、サービスに提供する施設へつなぐ役割になっています。私は将来的にこの資格を修得したいと考えています。超高齢化社会のためケアマネージャーの必要性は今後もさらに高まっていきます。こちらも平たんな道ではありませんが看護師として、キャリアアップするには必要な資格になります。

3.主任や師長など役職につくのも◎

資格習得だけでなく、役職に就くのもキャリアアップにはおすすめです。病棟全体看護師を総括するのが師長で、主任は師長さんの補佐をしたり、師長不在の場合は主任が代わりに師長さんの仕事をこなしていきます。看護師の経験はもちろんのこと、周りをしきること、シフト作成、会議の参加など病棟全体の運営をしていきます。時には部下の相談相手や、クレーム対応などの仕事をこなす必要があります。そのためリーダーシップが発揮できる人にはおススメです。病院によっては役職にはプラスで手当ても付くので収入アップに期待できます。役職に就くまではある程度の経験や、その職場である程度の勤務年数が必要になってきます。転職などを繰り返されると役職につきにくいと思いますので、気を付けてくださいね。また大学卒業の方が役職に就きやすいということもあります。将来的に役職に就きたいと考えている方は、大学受験も視野に入れてくださいね

まとめ

いかがでしたか?看護師のキャリアアップで上の看護をめざすには資格の習得、役職に就くことがおすすめです。資格手当、役職の手当てもつき、収入アップも見込めますので、今は興味がなくても、今後目指していくのもいいかもしれませんね。資格を修得するために、支援のある病院もあります。転職サイトに登録するとそういう病院も教えてくれるので是非登録してみてくださいね。

-看護師の転職

Copyright© My BLOG , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.