看護師の転職

看護師の転職時期はいつがいい?対策と狙い目を教えます

「思い立ったら吉日!」と、すぐに転職を決めてしまう人もいると思いますが、看護師の場合は、そうもいきません。任されている業務などの引継ぎをしなければならなかったり、シフトの調整のために引き止められる事もありますよね。

転職を考える事自体は自由ですが、転職時期まで考えた事はありますか?新人看護師と同じ4月に転職するべき?それともボーナス時期の6or12月?転職時期によって転職に失敗してしまうケースもありますので、転職に失敗しないためにも、看護師の転職時期について考えてまとめてみたいと思います。

看護師の転職はいつでも良いの?

「看護師の転職はいつでも良いの?」と聞かれたら「いつでも良いよ」と答えるしかありません。ですが、看護師の世界も需要と供給で成り立っていますので、今自分のタイミングで転職を考えても、転職先も同じとは限らないんですね。

一般的な医療現場における職場の動きを年間で見てみると、理想の転職時期が明確になると思うので、一緒に考えてみましょう。

4~5月

4月は新卒の看護師が入職するタイミングなので、プリセプターシップを導入しているところなどは新人と同じ指導を受けられるか、経験者として指導が手薄になるかのどちらかの時期と言えます。

また、4月に入職をしたい場合は、遅くても2~3月には就職活動を始める必要があります。職場にとっては自分以外にも新しいスタッフが入るという事で、環境には比較的馴染みやすいのではないでしょうか。

5月は公立医療機関の採用活動が本格化するので、公立医療機関への転職を狙っている場合は情報収集を始める時期と言えますね。

6~8月

6月は新卒で入職した新人看護師の指導もひと段落する時期なので、中途採用の転職者のフォローもしやすい時期と言えます。また、ボーナス時期で働く看護師の気持ちにも少し余裕があるのではないでしょうか。

7月は6月の夏のボーナスを受け取って退職する人が増えるため、求人数が増える傾向にあります。狙っている職場がある場合は早めにチェックしておきましょう。

8月は夏休みの取得やお盆休みなどが重なり、職場的に看護師不足となりやすい時期です。そのため、転職者への指導があまり行き届かないというケースも考えられます。

9~12月

9月は年度後期に向けた求人が出る時期と言えます。どちらかと言うと、新人看護師よりも転職先のニーズにすぐ応えられるような即戦力となる経験者の転職が有利な時期でしょう。

10月は人事異動が行われる時期なので、人事異動してきた看護師と一緒に指導を受けられる傾向にあります。

11月は10月に入った看護師へ向けた研修などがたくさん行われる時期なので、転職そのものにはあまり向かない時期かも知れません。ですが、年明けに向けた求人が増える時期ではあるので、転職活動を始める時期には良い時期と言えます。

12月は年末年始を控え、何かと職場がバタバタしやすい時期です。そのため、この時期に転職するとうまく職場に馴染めなかったり、満足に指導を受けられないケースも考えられます。

1~3月

1月は12月に冬のボーナスを貰って退職し、年末年始をゆっくり過ごしてから転職活動を開始して、4月から新しい職場で働くという流れが作りやすい時期です。求人数も転職者から新卒の看護師までをターゲットとしたものが増えるので選びやすい反面、競争率が高くなる傾向にあります。

新人看護師と同じ指導を受けるよりは、先輩看護師として先に勘を取り戻したい場合は1月に復帰・転職するのが良いかも知れません。

2月は診療科にもよりますが、医療機関自体あまり忙しくない傾向にあります。退職者も少ない時期なので、転職者へのフォローも手厚い時期と言えるのではないでしょうか。

3月は年度末を控え、退職する看護師が増える時期と言えますが、有給消化をする看護師も増える時期なので、転職するにはあまり向いていない時期と言えます。求人数自体も減ってくる時期なので、注意が必要です。

いかがでしたか?求人が出ているからと言って、転職先の状況を考えずいつでも転職して良い訳でもないんですね。では、看護師にとっていつ転職するのがベストなのか、オススメの時期をランキング形式でまとめてみたいと思います!

看護師にオススメの転職時期は?

一般的な医療現場における職場の流れを簡単に紹介してきましたので、総括していつ転職するのがベストなのかをまとめたいと思います。

第3位:6月

4~5月は求人数が多くないですが、ボーナスを受け取って辞める看護師が増える時期なので狙っている職場がある場合はこの時期の転職でも良いと思います。4月入職の新人看護師と比べてしまうと2ヶ月のブランクがありますが、経験ですぐに追いつき挽回できる期間だと思います。

第2位:9月

転職者にとって、下半期に入るこの時期は絶好の転職時期と言えます。比較的経験者が優遇されやすい時期ですし、年末年始の忘年会や新年会も控えていて、職場に溶け込みやすい時期でもあるのではないでしょうか。

第1位:2月

12月、1月と求人数が増えるので、2月の転職を目標に転職活動しやすい時期と言えます。4月に入職してくる新人看護師とも経験や即戦力の面で差をつけやすいので、中途採用としてもっともオススメの転職時期という事になりました。

ベストと言っても、それぞれタイミングがあると思います。私は2度の転職を経験していますが、11月と8月でベストなタイミングとは少しずれがあります。その理由は、転職先の要望に合わせたからです。

自分は辞職して転職するまでの間、少し休もうと思いながらのんびり転職活動を始めていましたが、気になる職場へ面接に行った際に「〇日からすぐ働けますか?」と言って頂いたので、休職期間なくすぐに新しい職場で働きました。

転職準備期間なくすぐに新しい職場で働く事は、気持ち的に大変な部分もありますが、必要として貰える事は嬉しい事なので頑張れると思います♪

転職を成功させるための対策と狙い目について

ベストな転職時期についてお話してきましたが、いかがでしたでしょうか。転職を成功させるための対策としては転職を考え始めた時点であらかじめ転職先をいくつかピックアップしておく転職を考え始めた時点で早め早めの行動を意識する事が重要です。

また、転職時期の狙い目についてですが、すでに働きたい職場が決まっている場合は直接問い合わせるか看護師転職サイトなどを利用してベストな時期を見極める方法があります。

オススメの転職時期として上記では紹介していますが、職場によっては家族の急な転勤によって辞職しなければならない、妊娠によって仕事を続けられないなど、転職先の予期せぬ看護師不足も考えられます。

自分のタイミングはもちろんですが、転職先のタイミングも考慮し、転職先のタイミングに合わせられる場合は合わせた方がお互いとって良いと思いますので、うまく調整してみて下さいね♪

-看護師の転職

Copyright© My BLOG , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.