看護師の仕事

看護師になってちょっと後悔した事5選

私は看護師になってよかったと思うことの方が多いのですが、ちょっと後悔したこともあります。

① 夜勤をしていると精神的、肉体的にも辛い

私と夜勤をすると必ず何かが起こると先輩たちから言われるほど、急変によくあたりました。そのため、毎回夜勤は憂鬱で気が張っていました。看護師あるあるかもしれませんが、夜勤のたびに「何も起きませんように」と神だのみをしていました(笑)

しかも夜勤はメンバーも大切です。全く協力的ではない人や急変時の対応に慣れていない人、怖い先輩や、新人さんとの夜勤の場合、気を使うし、不安に感じることも多くてストレスでした。逆に私は急変を引き付けるから先輩から嫌がられていましたけど(笑)。「お払いにいきなさい!」とよく言われていました(笑)。

常に気を張っていなければならない夜勤は精神的、肉体的にもきつくて、当時子供がほしかったのですが、しんどくて妊活どころではなかったです。私はこの状況を脱するために夜勤のない日勤のみで働ける病院へ転職しました。おかげで体調もよくなり、ストレスも激減し、娘を授かることができました。

② 土日祝休みではない

病院勤務だとカレンダー通りの休みではないので平日休みなのが嬉しい反面、土日に多いイベントごと、お正月、お盆など家族の行事ごとに参加できないことが多くて、寂しいですね。毎回休み希望で土日休むわけにはいかないし、ママさんナースが優先的に土日休みになるので、独身の人は土日休みにくい雰囲気も職場によったらありますよね。

私は年越しを夜勤でしたときは虚しかったです。休日手当などがつけば割り切れたのですが、前の総合病院は休日手当がつかなかったので余計に不満を感じながら仕事をしていました。もしこれから、転職活動される方は土日祝、お盆やお正月出勤する場合、休日手当がしっかりもらえるような職場をお勧めします。

③ まだまだ女性が多い職場なので、人間関係のトラブルがあります。

転職前の病院は総合病院で、現在は慢性期をしている民間病院に勤めていますが、人間関係トラブルはあります。私もトラブルに巻き込まれたことあります。陰口や、あからさまに聞こえるように私の悪口を言われたり、他の人がけんかしているのを見たことがあります。特にお局さんがいる職場は、お局さんに気に入られるようにしないと、仕事に支障がでてしまうこともあります。私も仕事がしやすくするためにお局さん気に入られるように必死でした。

やはり看護師も人間なので人間関係のトラブルはつきものですよね。できれば人間関係に悩まずに働きたいですね。もし今後転職活動される方は、転職サイトを利用すると、病院の内情を教えてくれることもあります。転職サイトの担当の人にきいてみるのも一つの方法です。私も今の職場に転職するときに、人間関係について聞きました。

転職サイトの人は丁寧にその病院について教えてくださり、実際に見学にも行かせてもらえたので、今の病院に転職することを決めました。実際に働いてみて以前の職場より人間関係のトラブルは大分減り、気持ちよく働くことができています。

④ 命を守る責任がある

看護師は患者さんの状態を常に観察していなければなりません。ちょっとしたミス、観察不足で患者さんの命を奪います。それくらい責任が重い仕事なので、ストレスは大きく負担に感じることがありました。

しかし、私の考えですが常にストレスを感じながら仕事をしているのも悪いことばかりではありません。プラスに考えればそれくらい患者さんの命を守るために慎重に仕事をしているのです。責任感を持たずにちゃらんぽらんに仕事をしていると患者さんの命なんて守れません。今、仕事に対してストレスを感じている方は慎重に仕事をされている証拠ですよ。自信をもって仕事に励んでくださいね。

⑤ 仕事量が多い

看護師は医師の診察補助と患者さんのバイタル測定、観察、ケアなどがありますが他にも入院処理、退院処理、薬の配薬勉強会の資料づくり、委員会など様々あります。もう病棟は競歩なみの早歩きです。要領が悪いと仕事が追い付きません。実際私も前の職場では業務が追い付かずに休みの日に仕事に行くこともしばしばありました。

また研究をしていたのですが、研究を見てくださる先輩と時間を作るために先輩の出勤日に自分が休みでも出勤したり、先輩の仕事が終わるまで待機することもありました。
患者さんの観察をしながら他の業務もしなくちゃいけないので看護師は何でも屋だなと何度も感じていましたね。

今回は5点あげました。「あーわかる!わかる!」と思われた方も多いのではないでしょうか?私は、職場の待遇、忙しさ、人間関係などの不満から看護師にならなければ良かったと後悔することの方が多かった気がします。皆さんはどうでしょうか?もし今の職場に同じような思いがあるならば他の職場へ転職するということも考えてもいいと私は思いますよ。

-看護師の仕事

Copyright© My BLOG , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.