看護師の転職

仕事を辞めたい!転職活動をするなら退職前と後どちらがいい?

 「今の職場を辞めたい」「人間関係がつらい」「家庭と仕事の両立ができない」と不満に思っていて転職活動をこれからしようとしている人の中で、転職活動をするなら退職前と後ならどちらが良い?と疑問に感じる人はいませんか?

正解は「退職前」です。なぜ正解なのかを今から解説していきたいと思います!

1.今の職場をだらだらと続けてしまいそうになるから

今の職場を辞めたい!と思っていても、次の職場が決まっていないとなかなか前に進みにくくなります。そして退職したい旨を師長さんに伝えるときに必ず「やめてどうするの?」と聞かれます。看護師は人手不足ですし、できればやめてほしくないと思っている上司は多いです。その時に「退職してから次を決める」「まだ何をするか決まっていない」という状況であると上司は必死に退職しようとするあなたを引き留めに入ります。引き止められるとなかなか辞めにくかったりしますよね。そうすると転職したくてもなかなかできずにダラダラと今の職場に勤めるようになってしまいます。

次の職場が決まってから上司に退職したい旨を伝えて「もう次も決まっています」と伝えると、上司はもうあきらめるしかありません。なので退職前に転職活動するのはとても大切なのです。

2.今の職場と天秤にかけやすい

転職活動するときに今の職場と転職先のどちらがいいのか天秤にかけますよね。その時に退職してから転職活動をすると、現在の職場は過去の記憶になってしまい、どんな職場だったのか記憶があいまいになってしまいます。そのため、転職前に今の職場で感じている不満や、転職先に求めること、条件など様々なことを天秤にかけやすく、転職活動もしやすいです。仕事をしながら転職活動はしんどいですし、辞めたい気持ちもありますがここはぐっとこらえて、くださいね。

私も実際、仕事をしながら転職活動をしました。転職活動中は、その時勤めていた職場と転職先を比べてどちらがよいのかたくさん考え、旦那さんにも相談に乗ってもらいました。

3.体調が優れないからとすぐに今の職場をやめるのはやめておこう

看護師は大変なお仕事なので心と体に限界を感じてしまい、今の職場を辞めたい!と思われている方はいるのではないでしょうか。そういう方はすぐに退職せずにお仕事をお休みし、医療機関にまず受診しましょう。医師の診断で長期間の休職が必要となったら、傷病手当がもらいながら、休職することができます。まずは心と体の健康を整えるようにしてくださいね。

私も実際に、娘を妊娠中、切迫流産しそうになり、2か月間仕事をお休みしていました。傷病手当も入ってくれたのでとても助かりましたよ。職場を辞めようかも悩みましたが、周りの同僚に支えられて退職することなく、今は娘を出産し、育産休習得して、給付金をもらいながら、生活することができています。あの時すぐにやめておかなくてよかったとおもいました。

まとめ

いかがでしたか?今の職場はやめたくてしょうがないという方もいると思いますが、やはり、転職活動は退職前の方をお勧めします。その方が退職理由として上司に言いやすいですい、今の職場と天秤にかけやすく転職先を探しやすいです。

また体調不良の場合も、すぐにやめるのではなくお仕事をお休みしましょう。まずは心と体の健康を整えてから転職活動に励むことが大切です。お休み期間は傷病手当がもらえますので安心してくださいね。

-看護師の転職

Copyright© My BLOG , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.